投資がより身近になる制度 ニーサとは何か?

投資がより身近になる制度 ニーサとは何か?

NISAの活用法

これから日本では新たな投資ルールとして、NISAという制度が適用されようとしています。
日本語に訳すと少額投資非課税制度になりますが、NISAのポイントは簡単に言ってしまうと、一定期間投資による資産運用に対して、非課税になるメリットがある点です。
このメリットですが、どのように活用するかによって、最大限に恩恵を受けることも可能になります。
そこでここでは、NISAの上手い活用の仕方について、いくつか紹介しておきましょう。
まずは老後の備えに活用していきましょう。
資産運用する人の理由の多くに、老後の生活資金を獲得するという意見が出てくると思います。
昔は預金をしているだけでも、金利が戦ったので、利息で資産運用することも可能でした。
しかし最近では、金利もゼロに限りなく近いので、利息による資産運用をすることが厳しくなっています。
そこで個人でも投資をする人が多くなってきています。
この老後のための備えとして投資をする時に、NISAを最大限活用することが重要です。
資産運用をする時には、収益のブレと言うリスク要因を抑えていきましょう。
そして大きな収益をあげることは期待できないまでも、着実に成長が期待されるような金融商品を購入して運用することです。
NISAでは最大で5年間、非課税制度が適用されます。
税金によるマイナスを考える必要がありません。
ですから、リスクの高いハイリターンの商品をわざわざ購入する必要はなく、着実に資産を増やせる商品を購入できます。
収益の振れ幅の大きな金融商品を購入してしまうと、谷間の時に5年間の非課税の時期がかぶってしまう可能性があります。
収益が上がらない時に非課税制度を利用しても、メリットが享受できなくなってしまいます。
NISAを活用することで、収益性だけに目をとらわれないようにすることができます。
収益よりもリスクを押さえるスタイルで、資産運用をしていくことが可能です。
NISAが適用されている期間は、時間をかけても着実に資産を増やすことができるような金融商品を使って、投資していきましょう。
その方が、非課税のメリットを着実に受けられます。
投資はプラスになることもあれば、マイナスになることもあります。
老後の資産構成のために投資するのであれば、着実にプラスになる可能性の高い金融商品を使って、資産運用すべきです。
この点については、投資をする前に今一度しっかりと確認することをお勧めします。

関連リンク

Copyright (C)2017投資がより身近になる制度 ニーサとは何か?.All rights reserved.