投資がより身近になる制度 ニーサとは何か?

投資がより身近になる制度 ニーサとは何か?

運用の見直しに

年金システムへの不安が、少し前から指摘されるようになってきています。
少子高齢化が進むことによって、若い世代を中心に果たして自分は年金をもらえるのか不安になっている人も増えてきています。
生活資金を年金だけに頼るのには不安を持っている人もいるはずです。
高齢者になれば、体のいろいろな所にガタがくる可能性も高いです。
そうすると、病院に通う頻度も高くなってくる可能性が増えます。
その結果、医療費などのねん出のことも気にしていかないといけないでしょう。
そこで、老後の生活資金の備えとして、投資をする人が多くなっています。
投資をする場合、特に個人投資家にとって、今後適用されるNISAはメリットの高い制度と言えます。
NISAは、上限を100万円として、このお金を資産運用した場合には非課税になる制度のことを指します。
NISAをうまく活用することで、投資に伴うコストをなくし、老後の資金に上積みができます。
そこで重要なのは、分配金がどの程度出るかという音です。
分配金は高ければ高いほど、利益が上がるわけですから、メリットは大きいです。
しかし分配金の高い金融商品はえてして、リスクの高い商品が含まれていることもあります。
また好不調の波が激しく、プラスになる時は大きい一方でマイナスも大きくなる傾向があります。
このような上下の変動の激しい金融商品を購入するのは避けるべきです。
着実な資産運用をするためには、分配金の大小よりも、長期間にわたって、確実に分配金が出るかどうかで比較しましょう。
分配金が多少少なくても、NISAがあれば、税金はかかりません。
つまり着実にプラスにできるので、安定した成果の出ている金融資産を使って運用をしましょう。
例えば、投資信託などはプロのファンドマネージャーが運用をするので、確実性は高いと言われています。
またNISAが登場することで、皆さんが保有している資産のうちどこを非課税にするのかということも重要な問題になります。
そこでいったん、すでに投資をしていたり、資産を持っていたりする人は、どの部分を非課税にして保持しておきたいのかを見直してみましょう。
投資は、いくつかのスタイルで運用した方がいいと言われています。
リスクはあっても高い利益いるが期待できる商品に投資をする一方で、じっくりと増やせるような金融商品もフォローしておきましょう。
この場合、後者を非課税口座に入れておけば、マイナスが生まれる確率をより少なくできるメリットがあります。

Copyright (C)2017投資がより身近になる制度 ニーサとは何か?.All rights reserved.