投資がより身近になる制度 ニーサとは何か?

投資がより身近になる制度 ニーサとは何か?

NISAの注意点

NISAという投資に対する非課税のシステムが、日本で運用されようとしています。
このNISAですが、簡単に言ってしまうと100万円を上限として最大で5年間、資産運用した部分に関しては非課税になる制度を指します。
2014年から運用される制度なのですが、2014年から非課税口座を開設して、そこで新規に投資をした場合に所得分が非課税になります。
そして2014年の場合、5年目にあたる2018年の年末までに資産運用をして得た利益が非課税になる制度になります。
ちなみに年間で100万円を上限としていると言われていますが、これは非課税口座に一括で100万円を入れないといけないというルールではありません。
例えば、何度かに分けて口座を入金した場合でも、それが合計100万円を超えないのであれば、すべてのお金に対して非課税のルールは適用されます。
また100万円の枠をすべて使い切らないと、NISAの適用を受けられないということはありません。
しかし注意しないといけないのは、100万円の枠を年間で使い切れなかったからと言って、翌年にその余り分を繰り越すことはできません。
例えば、最初に70万円の資産運用をしたとして、翌年にはNISAの非課税枠が130万円になると言うことはありません。
毎年昨年の投資実績に関係なく、年間上限100万円と言う条件は変わりませんので注意しましょう。
NISAの適用を受けるためには、金融機関に非課税口座を作る必要があります。
この非課税口座の開設ですが、投資をする年の1月1日時点で満20歳以上の日本在住の方であれば、誰でも開設することは可能です。
NISAは、最大で5年間、非課税になるわけですが、その後はどうなのでしょうか?
原則として1人1口座となっています。
ある金融機関の非課税口座が満期を迎えてしまったからと言って、別の金融機関で非課税口座を開設することはできなくなります。
このため、連続して5年以上のNISAによる恩恵を受けられませんので、その点も注意しておきましょう。
ちなみに100万円を上限としていますが、100万円を使って投資をして、その結果10万円の利益が出たとします。
この時、口座には110万円のお金が生じます。
しかし100万円を元手に投資をした結果の利益ですから、すべての金額に対して非課税口座のお金であれば、税金が課されることはありません。
このように細かなルールがありますので、分からないことがあれば、金融機関の人に質問してみましょう。

関連リンク

Copyright (C)2017投資がより身近になる制度 ニーサとは何か?.All rights reserved.