投資がより身近になる制度 ニーサとは何か?

投資がより身近になる制度 ニーサとは何か?

投資信託の魅力とは

資産運用を検討している人もたくさんいると思います。
しかし自分で株式運用などをするのは、知識に乏しいので自信がないという人もいるでしょう。
何せ投資は自分のお金を使うわけで、マイナスのリスクもあります。
そのことを考えると、投資したくてもできない人もいるかもしれません。
そのような人の間で注目されているのは、投資信託によって資産運用する方法です。
投資信託は、プロのファンドマネージャーがあなたに代わって資産運用をしてくれます。
プロに資産運用を任せることができるので、自分であれこれ投資先を考える必要がありません。
また投資信託ですが、投資先の選択肢が豊富にある所も魅力です。
日本で個人が資産運用をする場合、国内の金融商品がせいぜいのはずです。
しかし投資信託の場合、外国株や新興国への投資することができます。
選択肢が広がると言うことは、それだけリスクマネージメントがしやすくなるとも言えます。
また新興国の場合、今後大きな成長が見込めるので投資をすれば大きな利益をあげることも十分に期待できます。
しかしこのような新興国の場合、なかなか皆さんが個人的に投資をすることは難しいでしょう。
投資ができるだけの環境が、日本ではまだ整っていないことが多いからです。
しかし投資信託をすれば、このような新興国の銘柄などを使って資産運用をすることもできます。
なかには、新興国への資産運用を専門的に行っているようなファンドもあると言われています。
新興国の場合、まだ政治的な基盤がしっかりと確立されていない所も多いです。
このため、リスク要因もあることはありますが、長期的なスパンで見ていった場合、大きなリターンを期待することは十分に可能と言えます。
通常自分で投資をする場合、リスクマネージメントのためにも分散投資をする必要があります。
そうなると元での資金としてどうしても数十万円と言うお金が必要になってしまいます。
しかし投資信託の場合、個人投資家などから広く資金を集めますので、一人当たりの出資額は少なくても問題ないわけです。
1万円くらいからでも参加することができます。
このため、自分のお小遣いを使って、気軽に資産運用ができるわけです。
このように通常の自分で株式などを使って資産運用をするのと比較して、投資信託にはいろいろなメリットが期待されています。
金融機関で気軽に購入できるので、興味のある人は投資信託の購入を検討してみてはいかがでしょうか?

関連リンク

Copyright (C)2017投資がより身近になる制度 ニーサとは何か?.All rights reserved.