投資がより身近になる制度 ニーサとは何か?

投資がより身近になる制度 ニーサとは何か?

投資信託と手数料

プロのファンドマネージャーが資産運用をしますので、投資信託は素人の皆さんが自分で資産運用するのと比較すれば、リスクは低い商品と言えます。
しかしだからと言って、投資信託をしていれば、着実に利益が出ると言う保証もありません。
投資と言うのは、どのような人がどのような商品を使って運用しても、損失を計上する可能性は必ず付きまとうことを理解しておきましょう。
もしもファンドが投資している所で、予想外の事態が起きた場合、投資信託の基準価格も下落するリスクは存在しています。
商品の中には、安定型と呼ばれるような商品もあります。
このような商品であっても、100%確実に利益ができるわけではないことを理解した上で、購入しましょう。
また投資信託を購入する時には、事あるごとに手数料を請求されることも理解しておかないといけません。
まず購入する時に手数料が発生します。
購入時の手数料についてですが、現在の相場は1.05〜3.675%と言ったところにあるようです。
ちなみに同じ商品を購入したとしても、どこで購入したかによって手数料の額が違ってきますので、注意しましょう。
最近では、ノーロードと呼ばれる商品を販売している所もあります。
ノーロードとは、販売手数料無料の商品を指します。
その他に、信託報酬と言う手数料が発生します。
投資信託の販売会社や運用元に対して支払う手数料のことを指します。
ファンドの資産から年間で0.5〜2.1%程度の手数料が差し引かれることになります。
ちなみに手数料の算出方法ですが、日割りで計算されることになります。
ちなみにこの信託報酬は、運用成績によって大きく影響を受ける傾向があります。
同じような条件の商品であっても、信託報酬がたった1%の差であったとしても、10年間で10%ものリターンの部分で差が生じる可能性もあります。
信託報酬のシステムがどのようになっているのかは、確認をしておきましょう。
また信託財産留保額と言うコストの負担をしないといけなくなります。
投資信託を購入した後に、解約をすることもあるかもしれません。
この解約手続きの時に発生する手数料のことを指します。
通常は、0.3%程度の手数料が発生するようです。
ちなみに最近の商品を見てみると、信託財産留保額を設定していないものもあります。
このようにいろいろな場面で手数料が発生しますので、トータルコストはどこが安いのかを比較して購入することもとても重要なのです。

関連リンク

Copyright (C)2017投資がより身近になる制度 ニーサとは何か?.All rights reserved.