投資がより身近になる制度 ニーサとは何か?

投資がより身近になる制度 ニーサとは何か?

販売先の選び方

投資信託を購入する場合ですが、いくつかの選択肢があります。
証券会社で購入することもできますし、銀行で購入することもできます。
また最近では郵便局でも投資信託を購入できるようになっています。
そこで重要なのは、どこで購入すればいいかという問題です。
購入先をどのようにして決めるかについてですが、手数料で比較をすることを忘れないようにしましょう。
投資信託を購入する時には、購入手数料が発生します。
これ以外にも、いろいろな場面で手数料を請求されることになります。
特に信託報酬と呼ばれる手数料を、投資信託を保有している間はねん出しないといけません。
これは運用実績を左右する影響力を持ったランニングコストになるので、購入までにきちんと確認をしておくべきと言えます。
また投資信託自体は全く同じ商品であったとしても、どこで購入するかによって手数料が変わってきてしまいます。
手数料は、運用利回りと連動しているわけではなく、純粋に販売をした報酬としてはいります。
ですから、手数料が少なければ少ないほどいいです。
手数料と運用実績は連動しているわけではないことをきちんと頭の中に入れておきましょう。
「中には、手数料を激安価格で提供しているような所もありますので、チェックしてみてはいかがでしょうか?
ちなみに一般的な傾向と紹介しておくと、銀行や郵便局で投資信託を購入した場合には、手数料が高くなってしまう傾向があります。
またネットバンクやネット証券も最近では、いろいろと登場しています。
このようなネットバンクやネット証券の場合、手数料は割安な傾向があります。
ネットバンクなどの場合、店舗を構えていませんし、人件費も安く節約できています。
このため、お客さんにコストの負担をお願いする必要性がないことが大きいと言われています。
ネットバンクやネット証券の中には、ノーロードの商品も結構あります。
自宅でインターネットができる環境にあれば、購入を検討してみるのも良いでしょう。
また同じ商品を同じ購入先で買ったとしても、いくらで購入するかによって、適用される手数料が変わってきてしまうこともありますので、注意しましょう。
一般的な傾向として、金額が安ければ安いほど、手数料の利率が高くなってしまいます。
若干金融機関によって異なるかもしれませんが、100万円未満と500万円以上、その間と言った3つのクラスに分けて利率の設定をしているところが多いです。

関連リンク

Copyright (C)2017投資がより身近になる制度 ニーサとは何か?.All rights reserved.